新幹線の型番の付け方

新幹線の型番

新幹線は今から50年以上も前に運行を開始し、ちょうど昭和時代の東京オリンピック開催の年に運行が始まります。新幹線にも開発車両として、いつの時代のものか、どのような性能になっているかなどを示すために、型番があります。運行開始と同時に導入されたのが0系であり、次に開発されたのが100系です。

ちなみに国鉄時代から新幹線は3桁の型番で管理すると決まっていました。しかし初代の新幹線は0系です。実はこれは、運行するまでは単に新幹線と呼んでいましたが、3桁で現すとなると、000系であり、つまりは0系となるのです。

その後どんどんと新車両の開発が進み、700系や800系と最新車両が登場しています。また車両の型番としては、E系もあり、E1からE5系まで現在はあります。これも開発と同時に新しい型番が付けられるので、やがてE6系なども登場することでしょう。新幹線の型番が、0系の次に200系が運行開始し、次に100系となっており、200系の方が早くデビューしました。

これは、車両の型番の付け方は、東海道・山陽新幹線では100系や300系と奇数を、東北・上越新幹線などは200系などと偶数で付けると決まっており、0系の次は、東北・上越新幹線で新幹線の運用が始まったので、200系となったのです。そしてその次に東海道・山陽新幹線で新幹線が運行を開始し、型番の付け方のルールに従い、100系と命名されました。

型番には機関車の2000形、試作車両のL0系などもあります。


▶新幹線に関するおすすめリンク
様々な種類がある新幹線ですが、今ではどれも手軽に乗れるようになりました。新幹線のチケットをお得に購入できるショップもあり、今後もさらに需要が高まるでしょう ≫ https://www.tickety.jp/shinkansen/